2018年01月18日

町田スガナミミュージックサロン♪

町田ジョルナの地下1階にあるスガナミミュージックサロン。
講師陣は朝10時の開店前にスタジオに入り、それぞれ準備をして生徒さんをお迎えします。

私の隣のブースではヴァイオリン、奥のブースではドラムスの先生が準備をされています。
そして私が帰る頃には斜め前のブースでギターの先生が準備をされていたり、ピアノの石黒先生とばったり廊下で会ったりします。

私が使用しているこのブースでは、私のレッスンの後は管楽器のレッスンが始まります。

2018.01.18.png
クラッシック、ポップス、ジャズと様々なジャンル。
ピアノ、ギター、ベース、ドラムといった4リズムに管楽器、弦楽器、声楽と多様な楽器が学べます。
各々のレッスンだけでなく、ビッグバンドのようなアンサンブルコースもあります。

ブースの壁には大きな鏡が設置されています。
楽譜や歌詞を見るだけで精一杯なのが現状ですが、本当は鏡を見て練習する必要もあります。




posted by ミドリン at 07:26| レッスン

2018年01月16日

初めての変化結びに挑戦してみた♪

賀詞交換会に着物で参加しようと思いました。
せっかくなので、ちょっと華やかな帯結びにしようと思い初めて変化結びに挑戦してみる事にしました。
2018.01.16.png
幸い、私は腕を背中に回して握手できる程自由がききますので、全て背中で作業できます。
前結びにするとせっかくキレイに着た着物がズレるので最初から最後まで背中で結ぶ事にしました。
2018.01.16b.png
先ずはイメージを作ってセーターで練習。
なんか角出し崩れみたいで格好悪。ま、初回だからこんなもんかな?
さて、はたして着物を身につけて結ぶ事ができるでしょうか?

2018.01.16c.png
別の日、練習用の着物を着てから結んでみました。
う〜ん。もう少し帯の高さが欲しいなぁ。
2018.01.16d.png
イメージはふくら雀にヒントを得ました。
本当のふくら雀の羽根は背中にぴったりと貼り付く感じの広がり方ですが、いい歳したおばさんがそれではあんまりなので羽根は床に平行気味にしたいと思っています。
その方がモダンなイメージになる・・・と思っているのですが、未だ練習しないとダメだな。

2018.01.16e.png
さて、本番の朝。
いつもは自分でするヘアセットですが帯結びに時間を要するだろうと思い、この日はウイッグを活用。
忙しい時はウイッグが便利ですネ。
2018.01.16g.png
黒地に松の刺繍の地味目の訪問着に結んでみました。
やっぱり箱ひだを作るのに苦労するわ。
満点ではないけれど、もう時間なので今日はこれで良し♪
2018.01.16h.png
結んでみようと思ってから1日2時間、4日間ほど練習しました。
結んでは写真に撮って確認の繰り返し。
何事も練習、そして何よりも本番(実践)が大事だよね。

posted by ミドリン at 07:14| 着物

2018年01月15日

小田原名物・だるまの天丼・おでん種♪

昨日はテレビで相撲観戦した後、チャンネルをTBSに。
『バナナマンのせっかくグルメ』を観たら内容が昨日の私達の行動と被っていて面白かったわさ♪

番組は小田原のグルメ情報。
偶然にもパパと私で昨日は小田原へ出掛けたのです。

番組では小田原城を出発してだるま料理店へ。
私達もお昼に小田原に到着して真っ先に同店へ行ったのです。
しかも、バナナマンの日村さんが座った席はパパが座っていた席(笑)

私は天丼を。
2018.01.15.png

2018.01.15b.png
ここの海老天はプリップリに太った海老で尻尾の付け根まで身が詰まっていてイッピンです♪
次回は海老天が3本のった海老天丼にしようと思ったわ。

パパは煮魚定食。
2018.01.15c.png
昨日はカンパチの煮付けでした。
定食には卵焼きが付きます。
2018.01.15d.png

番組では鈴廣の練り物を使った小田原おでんをスタジオで紹介していましたが、実は私達もおでんを食べながらこの番組を見ていました(笑)

2018.01.15e.png
我が家のおでんは昨日はかご清の種です。
プチトマトを入れるのが今、我が家で流行ってるの。
銀杏は切れ目を入れて電子レンジでチンすれば殻は簡単に剥けます。

しばらく小田原散策した後、帰り道に未だ行った事のないお初スーパー銭湯へ立ち寄って帰宅しました。

追記:はじめて買った松田町の清酒『松みどり・松美酉』フルーティーでした。
   今日は足柄の『曾我の誉れ』を試飲してみようっと!


posted by ミドリン at 07:23| 日記

2018年01月14日

どうして鳥にはわかるのかな?

2018.01.14.png
我が家のベランダの赤リンゴ。
白雪姫の物語に出てくるような真っ赤なリンゴ。まるでオブジェのようです。

が、これ、食べると渋い(>_<)
正確には皮の内側と芯の部分が渋いのです。
ここを取り除けばそこそこ甘いリンゴですが、なにせ大きさがピンポン玉程なので、皮と芯を取り除くとほとんど食べる部分がありません。

不思議なのは、目の前の公園の樹木や空を飛んでいる鳥たちが全く見向きもしないという事です。
カラスも全くこのリンゴには興味がないようです。

どうして彼等にはこのリンゴの渋さがわかるんだろう???
posted by ミドリン at 09:25| 日記

2018年01月12日

藤沢・インディアンサマー賄いご飯は凄いんです♪

もうそのお店は無くなってしまったんだけど、ニューオーリンズで私が借りていた部屋の真後ろにライヴハウスがありました。
フレンチクオーターの中のライヴハウスは殆どが観光客向けのものだったけど、そのお店は地元っ子の集まるハウスでしかも地元の一流ミュージシャン達が演奏していました。

小さな小さなハウスでカウンターがメインでテーブルもほんのちょっとしか無かった記憶があります。
もう20年近く前なので記憶を辿りながら書いていますが、確か月曜日だったかな?
毎週月曜日の深夜になるとフライドチキンと赤インゲン豆を煮た料理が無料でふるまわれるのです。

確か月曜日はセッションデーだったのかな?
プロも素人も入り交じってのセッションですが、大概、プロが全米各地から観光やら仕事やら何らかの理由でニューオーリンズにやってきてこのハウスに立ち寄っている・・・ってパターンが多かった気がします。

セッションが盛り上がってる深夜にチキンとレッドビーンズの振る舞いは嬉しいです。
セッションに参加してる人も聞いてるだけの人もとにかくみ〜んなに『どうぞ』です。

ここまで書いて気が付きました。
今夜やる藤沢のインディアンサマーも同じだわ!
演奏が終わるとお店のご好意でミュージシャンに賄い料理が出されるのですが、その量がとっても多くて私達では食べきれないので、いつも居合わせたお客様にお裾わけしているのです。

それを肴にアフターアワーズじゃないけれど、出演者とお客さんの音楽談議やら世間話で盛り上がります。

宜しかったら、今夜、ご一緒にどうぞ(*^_^*)

posted by ミドリン at 09:07| 日記