2018年01月05日

今年はアンティークに凝ってみようかな♪

2018.01.05.png
京都織物卸業組合が制作したアプリで遊んでみました♪

この着物はアンティークの紋錦紗に菊の刺繍があしらわれている一つ紋の着物です。
おとなしめな柄で初心者の私にも抵抗感がなくアンティークスタートできました。
ですが、なかなかこの着物にしっくりくる帯を持ち合わせていなかったし、巡り会えないでいました。

そしてやっと昨年の春見つけました!
荒波に大きな鷹達が飛び交う刺繍帯でいかにもアンティークらしい柄です。
一目ぼれで買ってしまいました。

いつからこういう着物が着られなくなってしまったのでしょうね。
アンティークにハマるとその作者のアーティスト魂をビンビンと感じるようになりました。
洋服でいうとパリコレとかミラノコレのように作り手の拘りが感じられるのです。
それに慣れてくると現代物の着物は・・・う〜〜ん・・折込みチラシの中のOne of themって感じなんです。

昔は着物の柄は買い手があーだこーだと注文をつけて作ったそうです。
この色に染めて、此処と此処にこんな柄をこんな感じに施してちょーだいって感じに。
だからこそ本当に世界で一枚の自分だけの着物がそこらじゅうにあったんですね。

今はなるべく何処かで誰かが着ていたようなものが売れる時代。
皆と同じな事に安堵感を求める人が多くなった。

でも多分、これからは変ると思う。
最近までは洋服ファッションを諦めた人が和服に逃げてた。
体型があから様にならない和服に逃げてたり、洋服ファッションに疲れた人々が和服に逃げてた感がありました。

だけど、最近、『お洒落に敏感な人々』が和服を着始めています。
他の人と同じじゃイヤっていう人々が和服ファッションの創造性に気が付き始めたんです。
アンティークや現代物などジャンルに関わらずその空気が感じられるこの頃です♪

追記
冒頭の写真の帯締めは喪用ではありません。
房が真紅色のがっしりした五嶋紐です♪
戦国時代に兜の緒の組紐に用いられた技法で組まれていて締めるとギュッギュッと鳴ります。



posted by ミドリン at 10:22| 着物