2018年02月19日

隣の芝生は青々としていた♪

高校時代のお友達が遊びに来てくれました。
三年間、部活で一緒だった仲間で数年に一度は部員の誰かしらと交流している私達です。

同じ歳なので話題にのぼるのは親の介護の話が多くなってきました。

彼女は外資系の会社でバリバリと働くキャリアウーマン。
独身で都内にマンションを持ち、年に一度は海外旅行を楽しんでいます。
私とは全く違う世界を見ているんだなぁ。。。

彼女が『そうそう。〇〇さんのお嬢さんがお勤め先のHONDAの動画でYoutubeに出てるのよ』という事でふたりで見ました。


七五三のお写真を見たきりでしたが、すっかり素敵なお嬢さんになられていました。

隣の芝生は青く見えるという言うけれど、いえいえ、見えるのではなく本当に青々と茂っているのでありました。。。。


posted by ミドリン at 07:47| 日記

2018年02月18日

お香初体験・緑、平安時代へタイムスリップ♪

2018.02.18.png
昨日は早朝から仕度をして港区にある増上寺へ向かいました。

2018.02.18b.png
初めて訪れた増上寺の光摂院。
青い空が印象的でした。

香道 鳳凰流の初焚きの宴へ参会させて頂いたのです。

2018.02.18c.png
息を飲むほどに美しい会場正面の襖絵。
更に私は天井の絵に心を奪われました。
2018.02.18d.png
広〜〜〜〜い天井一面に美しい日本画の数々。
それはそれは見事で、あ〜ここに仰向けになってずっと眺めていたい・・などとお行儀の悪い事を考えてしまう私でした。

会は薩摩琵琶鶴派の小野鶴扇さんの演奏で始まり、伶楽舎 の八百谷啓さん、角田眞美さん、中村華子さんによる雅楽が奏でられました。

私、琵琶も雅楽も生演奏を聴くのは初めてです。

雅楽のやんわりとした音に包まれながら、鳳凰流のお家元・野口香崇さんのお手前を拝見し、順番に香炉が廻ってきます。
(事前に簡単な香のお手前を伺いました)
まるで源氏物語の中にタイムスリップしたような感覚です。

紫の庵(上々伽羅)・茜(上々伽羅) のふたつの香りでした。
ふんわりと柔らか〜く甘い香りで自分の数少ないボキャブラリーで表現すると上等なバニラを昇華させたような香り(なんじゃこの表現?)

2018.02.18e.png
後ほど、お香の道具などを拝見させていただきました。

お家元・野口さんはそれはそれは素敵な大和撫子で近くにいらっしゃるとふんわりと甘〜い香りが漂っています。
寝転んで天井を眺めたいと思った自分が恥ずかしくなりました^_^;

私のような下々の下世話な人間が踏み入れる事の出来ない高貴な方々のお集まりに、ひょんな事から末席を汚させて頂けて大変勉強になりました。
人生何が起きるかわかりませんネ(*^_^*)

2018.02.18f.png
河津桜が青空に映えて美しかった。
羽生結弦選手と宇野昌麿選手がオリンピックで金・銀を獲得とニュースが入りました。
素晴らしい!おめでとうございました!


posted by ミドリン at 07:50| 日記

2018年02月16日

斉藤慧選手を信じてる♪

オリンピックショートトラックの斉藤慧選手がドーピング検査で陽性反応が出てしまいました。
ご本人、ご家族は悲しく無念でありましょう。

実は我が恩師のお孫さんであります。

ここでは詳しく記しませんが、そんな姑息な事をするお家柄ではないですし、する筈がありません。
たまたま四兄姉弟がアスリートという訳ではなく脈々と受け継がれてきたものが開花した選手です。
当然ドーピングに対しても重々知識がある筈です。

真実を知りたいのは誰よりもご本人でしょう。
posted by ミドリン at 07:05| 日記

2018年02月14日

やっぱり手紙って良いな♪

とあるご年配のご婦人から封書が届きました。
正直、日本の郵便システムってこんなに便利だとは思いませんでした。

『じゃ、お手紙を送りますね』と先週末の夜におっしゃっていたので、日祝日を挟む事だし届くのは速くても今週半ばか?くらいに甘くみていました。
ご婦人の行動が迅速であったことは勿論でしょうが、ちゃんと祝日明けに届いた事に少々驚いた私です。
ニッポンってやっぱり凄いわ。

封書の中にはご婦人の筆書きのお便りがありました。
大きなゆったりとした筆運びからはあの方のゆったりとしたお人柄が伝わるようでした。

普段、文字通信はすっかりメールばかりとなり、たまに届くはがきや封書もタイピングされた文字に慣れてしまった私には実に新鮮でした。

年賀状とはまた別な感覚がありました。
なんというか、いつまでも筆の温もりを心の中で感じていたのです。

内容はごくごく些細な内容で、普通ならメールで充分のものなのですが、こうして筆を走らせ、切手を貼り、時間をかけて人から人へと手に渡り、ついに我が家へ届いたというプロセスも懐かしくありました。

現代はメールやLine、facebookメッセンジャー等を使って瞬時に文章や写真、データをやりとり出来てとても便利な時代で、私もすっかり文字を手書きする事を忘れてしまいました。

そういえば、30年前は私達シンガーは毎月、手書きのライブスケジュールをご贔屓のお客様に封書で送るのが当り前の様に行われていた宣伝活動でした。スケジュール表はコピーでも、必ず手書きで一筆添えて出します。
その数は膨大で毎月ですよ。これを小まめにやっていたシンガーが大勢いました。
私はあんまり筆まめじゃなかったけれど・・・^_^;
今やメールに変わってtwitter,facebookの時代です。世の中、便利になりました。

ですが、日本の郵便システムの良さをあらためて感心しましたし、たった82円で全国どこへでも送れるし、デジタルでは味わえない良さがあるのだなぁと気付かされたのでした。
posted by ミドリン at 07:17| 日記

2018年02月13日

セッションの感想・ミュージシャンより♪

先週のヴォーカルセッションの感想をサポートしてくださったミュージシャンのお二人に伺いました。

『リズムがちゃんとしていてレベル高いですね』

これはヴォーカルセッションにありがちなリズムが喰ったりはいたりする人が誰もいなかったという事。
いるんだよね。こういう人。プロと名乗ってる人でもいる。
楽譜を無視して歌詞カードだけで練習するような人に多いな。

『選曲が良かった』

所謂、ジャズセッションで演奏される曲が多かったからですね。
ぶっちゃけ、セッションでは映画音楽みたいなポピュラーミュージックはあまり歓迎されない。
だってジャズじゃないもん。

『皆さん、きちんとされていて伴奏していて楽しかった』

楽譜が私が配布している教材そのまんまっていう方が多かったせいもありますが、ご自分で移調して書いてきている方も皆さんジャズのCメロ譜のルールにのっとって読み易い楽譜を用意して来てくれました。

私の感想は会場でも述べましたが、やはりセッション回数(経験値)を積んだ方は確実に伸びているなと思います。
マイクを持って立っているだけで精一杯の人。
歌詞を見て歌うだけで精一杯の人。
覚えた歌詞を頭の中から引っ張り出すだけで精一杯の人。
経験値を上げて後ろのミュージシャンと交信をする余裕のある人。

こんな感じで上達されているようです。

殆ど休憩時間がなく、手首がつりそうになるまで頑張ってくださったミュージシャンに感謝です♪
重ね重ねありがとうございました。


posted by ミドリン at 10:27| レッスン