2017年12月03日

珍しく陸揺れ♪

2017.12.03.png
東京湾シンフォニークルーズ船・クラシカです。
この船に初めて乗ったのは17,8年前になるかしら?
ゴールデンウイーク一週間をピアノの弾き語りで乗ったのが最初です。
以来、時にはバンドを引き連れてヴォーカルとして乗ったり、ピアノの弾き語りとし乗ったり、最近はピアノ演奏者として乗っています。

17年位前、初めて乗った当初はまだ『観光船』というイメージで出航時にはお客様は皆さんデッキにいっぱいいらっしゃっていました。
今ではすっかり『海上のレストラン』として定着したようで、お客様は皆様、搭乗されるとテーブルに案内され、これから始まるコース料理に胸をわくわくとされています。

2017.12.03b.png
サンセットクルーズは夕方の2時間コースです。
夕陽をぼ〜っと眺めながら、東京っていいな・・・と私は思います。

サンセットクルーズを終えて港に戻ると、スタッフは短い時間(約20分程)で全てのテーブルセッティングをディナー用に切り替えます。
ホテルや、クルーズの仕事で垣間見る、スタッフの真剣勝負の時間です。
実にテキパキ、キビキビとテーブルクロスからフォーク・ナイフのカトラリーに至るまで、瞬時に全て新しくセッティングし直します。
凄いわ〜。プロだわ〜と感心してしまいます。

2017.12.03c.png

夜のディナークルーズはカップル率が高いです♪
恋人どうし、婚約者どうし、新婚さん、そして円熟したご夫婦の姿は本当に素敵です。

シンフォニークルーズには『クラシカ』と『モデルナ』があり、この二つの船はまったくタイプが違うので、乗り比べをされるのも楽しいと思います。小さいクラシカは名前の通り、シックなプリンセスのような船です。モデルナは大きくてモダンタイプです。
お食事はフレンチ、イタリアンの他、バイキングやカウンターで板前さんが握る寿司ダイニング等もあります。

因みに、私がふじ丸に乗っていた時のイベントスタッフの結婚披露パーティーはクラシカで行いました。
披露パーティーの際には、新郎新婦のお控え室もちゃんとあります。
披露宴の専門スタッフ達も乗り込みますので新婦さんのお色直し等も安心です。

私は昨夜は珍しく陸揺れ(オカユレ)しました。
私は船酔いはしない方なのですが、陸にあがった後、暫く船上にいるように揺ら揺らとゆれているような感じになるのです♪


posted by ミドリン at 10:02| 日記