2017年12月06日

街でみかけた着物のポスター♪

街で見かけた素敵なポスター♪
2017.12.06.png
大正期って洋と和が融合、調和した時期ですね。
第一次世界大戦後の日本は好景気で、物資も豊かだった頃。
美術品なども贅を凝らした時代。
明治や江戸時代がお殿様のための贅だったものが、一般人も贅を愉しめるようになっ時代(それでも極一部の上流階級人に限られていましたが)。

振袖にふくら雀の帯。
おそらく簪はべっ甲でしょう。
グランドピアノでピアノを弾く女性。
楽譜の様子から見て上級の腕前と推測できます。
どちらのお嬢様なのかしら?

それにしてもこのポスターの振袖の上品な事。
私、最近のあの友禅を模したインクジェットの振袖は嫌いです。
ちっとも良いと思えません。
誰もがお揃いに見えるようなありふれた振袖。
洋服に負ける振袖だと私は思っています。


posted by ミドリン at 08:18| 着物