2018年01月18日

町田スガナミミュージックサロン♪

町田ジョルナの地下1階にあるスガナミミュージックサロン。
講師陣は朝10時の開店前にスタジオに入り、それぞれ準備をして生徒さんをお迎えします。

私の隣のブースではヴァイオリン、奥のブースではドラムスの先生が準備をされています。
そして私が帰る頃には斜め前のブースでギターの先生が準備をされていたり、ピアノの石黒先生とばったり廊下で会ったりします。

私が使用しているこのブースでは、私のレッスンの後は管楽器のレッスンが始まります。

2018.01.18.png
クラッシック、ポップス、ジャズと様々なジャンル。
ピアノ、ギター、ベース、ドラムといった4リズムに管楽器、弦楽器、声楽と多様な楽器が学べます。
各々のレッスンだけでなく、ビッグバンドのようなアンサンブルコースもあります。

ブースの壁には大きな鏡が設置されています。
楽譜や歌詞を見るだけで精一杯なのが現状ですが、本当は鏡を見て練習する必要もあります。




posted by ミドリン at 07:26| レッスン

2018年01月09日

『頑張る』を目標にしない♪

少しキビシイ言葉ですが、私は『頑張ってますアピールは要らないからね』と言います。
レッスンでは呼吸訓練、発声や音感訓練、リズム訓練等の基礎から始まります。
バレエで言うならバーレッスンの部分ですね。
レッスンの中でここが最重要部分です。
ぶっちゃけ、ここが出来ていれば、歌はどうにでもなるのです。

この基礎訓練中によく見かける現象が『頑張ってまーす!!!』という状態。
頑張れば上達するのでしょうか?
答えはNOです。現実はそんなに甘くないです。

私は『頑張ってるアピールは要らないの。私が欲しいのは100パーセントの正確さ』と言います。
『どんなに頑張っても目的が達成されなければ何もしなかったのと同じなの』
ま、キビシイやね。ずぶの素人に向かって何て事言ってんだろね。とも思った時期もありました。

が、ここはお遊び広場じゃないからね。
それに、そんなに高い要求でもない。

要は雑なんです。
もっとひとつひとつの行動をきちんと理解して丁寧に行えばすっとクリアできるハードルです。
頑張るばっかりで自分の出した音を確認しない。本当にそのピッチで良いの?
せっせと呼吸を繰り返しているけど、ひとつも正確に呼吸できていない。
100回の偽せもの呼吸より1回の正確な呼吸の方がずっと大事。
ま、頑張りもせずにただ惰性で発声練習してるのは論外ですが、一つの100パーセントの正確を積み上げる方がずっとずっと実のある練習なんです。
ここが上手くなる人とならない人の差。

ある美容エクササイズの本を思い出します。
四つんばいになり脚を後方に高く上げるエクササイズのくだり。
一緒にエクササイズをスタートしたA子さんとB子さん。
頑張り屋のA子さんは大汗を流しながらせっせせっせと脚を高く蹴り上げます。
不器用なB子さんはゆっくりと脚をあげるので回数が多くできません。
一ヵ月後、ヒップが上がり、ウエストに美しいくびれを作ったのはB子さんでした。

脚を後方に高く上げる事でお尻の筋肉を鍛えるという理由と目的と結果が生まれるわけで、やみくもに脚をせっせと『蹴り上げ』ているだけでは結果は生まれないという事です。
一方、不器用だからこそ、ひとつひとつの動作を丁寧に行っていたB子さんは美しいヒップラインを手に入れる事ができたというわけですね。

話を歌に戻します。
今、何のためにその訓練をするのか?確認しましょう。
ゆっくりで良いです。ひとつずつ、今の動きで良かったのか? 今の音程で良かったのか?
孤独な作業です・・・が結果は必ず出ます。
頑張るのは当り前。その先の正確さを目標にしましょう (*^_^*)








posted by ミドリン at 08:06| レッスン

2017年12月17日

村上愛里さんのジャズ4コマ漫画♪

茶々丸こと村上愛里さんの描くジャズ漫画が面白いです♪
ジャズやってる人だからこそ描ける『あるある』な内容に思わず笑ってしまいます。

今回も『だよねー♪』と共感しました。

毎日描いてアップするのって大変だろうな。

未だお会いした事ないですが、いつかお目にかかりたいです(*^_^*)


posted by ミドリン at 09:53| レッスン

2017年11月29日

生徒さん vs 私のバトル(笑)♪

昨日のレッスンのひとコマ。

私 : 違うでしょ。そこは半音上がるのよ。

生徒さん : あ、そうか。ここを半音上げないと次からの音程が取れないんだ。

私 :お〜♪ 解ってるじゃないの!

何気ない会話ですが、これって凄い事なのです。

初心者の段階ではメロディーをなぞるだけで精一杯ですが、中級ともなると曲の構成とか音の成分・・・理論的に難しい事は判らないにせよ、感覚として理解するようになりますね。

初心者の頃にはAABAを理解するだけでも????だものね。
意外にも楽器の人も解ってない人も多いんですよね。1小節目からスタートして霧中をさ迷う様にして最終小節へ辿りつく人もいます。

な〜んにも考えないで楽譜をなぞって演るか、曲の構成や成分を理解して演るかでは大きく違います。
例えば、コード進行を丸暗記して暗譜するのと、曲構成や成分を理解して暗譜するのとでは全く違うものなんですな。
歌の場合も同じです。

しっかし、ズブの素人だったこの生徒さんがここまで来るとは感激です。
楽譜どころか音符も読めなかったんだもんね。

セッションでこの生徒さんの歌を聞いた方は皆さん、口を揃えて『素敵ですね。』 『上手いですね』とおっしゃいます。
そして私は必ず言います。『決して恵まれた才能でラクして歌っているのではないのです。もの凄い量の努力をされています。』と。

レッスン中のこの方の歌の状態はそれはそれはボロボロで、私にケチョンケチョンに叩かれるのですが、翌レッスンにはきちんと攻略修正してくるのは本当に凄いです。

ある意味、私とのバトルなのでしょうか?(笑)


posted by ミドリン at 07:28| レッスン

2017年11月28日

レッスン・・・その先にあるもの♪

来年の話をすると鬼が笑う・・・等と申しますが、この仕事をしているとそうも言ってられませぬ。
現在ですと、来年1~2月から来春の話が舞い込んできます。

来春に都内で立ち上げる新講座の講師依頼がありましたが、残念ながら私のスケジュールの調整がどうしてもできませんでした。
その他、未だ、未だ形にならぬ構想段階のお話等もチラホラと上がってきています。

かくいう私もずっと以前から頭の隅っこの方で考えていた事がありまして『どうしたもんかのぉ?』と悩んでいた事があります。
いつまでも頭の中で考えていても仕方がないので、とりあえず、一歩踏み出してみました。
ま、ダメなら撤退すればいいんだし・・・とりあえず形にしてみよう・・・

未だご報告段階には辿り付けていませんが、近いうちにそれもできる事と思います。
レッスン・・・その先にあるもの・・・・へ向けて。。。

posted by ミドリン at 08:08| レッスン